支え合い会議仲宿とは
助け合い・支え合いの地域づくり会議
支え合い会議仲宿は仲宿地域の8町会(仲宿睦町会、宮元親興会 仲宿東町会、氷川町会、稲荷台自治会、栄町自治会、藤栄町会、JR東日本十条社宅自治会)の町会メンバーの他、社会福祉協議会、仲宿おとしより相談センター(地域包括センター)、おとしより保健福祉センター等の職員も参加しています。町会からのメンバーは、町会員、介護事業者、福祉の森サロン代表、老人クラブ会員、民生・児童委員等が参加しています。  
何をするの・・・
高齢者の皆様に対する、相談の場(健康相談等)、通いの場(地域サロン、コミュニティーカフェ等)、外出支援、家事支援、介護者支援、趣味活動、地域活動、ボランティア活動等の充実・強化・推進や地域の実情に合ったサービスや社会参加の仕組みづくりやネットワークづくりをおこないます。
 
 AIPとは(Aging in Place)
 年を重ねても安心して、住み慣れ
  たまちに住み続けること。
 
 板橋区版AIP
地域包括ケアシステムとは
 ここをクリック
 
 支え合い会議仲宿
構成メンバー 
稲荷台自治会   小田充典 
大平由美 
仲宿睦町会   谷  洪 
 鈴木恵美子
 宮元親興会   原寛子
和田静子 
 仲宿東町会  櫻井初子 
 藤掛久子
 氷川町会  青山祥子 
矢作晴美 
栄町自治会   木村恵子 
土居香里 
小林美幸 
 藤栄町会 陶あゆみ 
(株)ケアシップ  中津川忍 
 サロン
いちよん会
菊池淑 
板橋区版AIP(地域包括ケアシステム)の7つの重点事業のひとつ「生活支援体制整備業」で実施している取組です。

この会議は、生涯住み慣れた土地で元気に過ごすために必要な・・・
①健康でいること 
②人とつながっていること 
③いざという時に助けてくれる人
 がいること
等を、地域の皆さんと話し合って実現していく場です。